診療報酬算定

第1章も中盤に差し掛かり、遂に診療報酬算定に入りました。
基礎的なことから始まって、いよいよ医療事務の本題突入です。

診療報酬の算定というのは、医療事務の業務の中でも最も重要なところなのでしっかり理解することが求められます。

診療報酬とは、医療行為に要した費用に対してして医療機関に支払われるものですが、初・再診料や入院料、注射、検査、リハビリテーションなどの医学的技術料と呼ばれるものや、エックス線フィルムなど厚生労働大臣の定める材料を算定する材料料、そして薬剤料からなっています。

診療報酬の点数換算

診療報酬算定の特徴として、それぞれの料金を金額ではなく点数に換算して計算しなければならないということです。基本は「10円=1点」。ということは、300円を換算すると30点になります。

この様に、材料料や薬剤料など金額で表されているものは、まずは点数に換算するという作業から始まります。そして、点数の換算はそれぞれの料金によって端数の処理が「四捨五入」や「五捨五入」など決まりがあるのでよく注意して作業しなくてはなりません。

診療報酬算定の必須アイテム

算定の学習での必須アイテムは「電卓」です。
とにかく、計算することが多いのです。
いつも病院で会計の時もらう領収書は、確かにたくさんの項目があったけど改めて点数のカラクリを知ると、よく解らないで見ていた領収書の点数もクイズが解けたようでちょっと楽しくなっちゃいます。icon:confident

人気No1通信講座

ユーキャン通信講座の人気ランキング第1位!
資料請求は無料で、営業の電話もかかってきませんので安心です。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

ページトップへ
Copyright(C) 医療事務の資格取得@通信講座奮闘ブログ. All Rights Reserved.
Home > 医療事務講座 STEP1 > 電卓登場!