診療報酬の構成

医療事務のメインともいえる業務が、レセプト作成です。
レセプト作成は、総医療費から患者負担額を差し引いた残りの医療費について月末締めで毎月患者ごとに作成します。

そして診療内容をレセプト用紙にまとめ、審査機関(患者が社保であれば支払基金、国保であれば国保連合会)へ提出し、診療報酬を請求します。

レセプトに不備があれば、病院が損害を負うことも大いにありえるので、かなり注意が必要な作業です。

レセプトの種類

レセプトには、外来レセプト(医科入院外」と入院レセプト「医科入院」の2種類あります。

レセプトの構成は、6つの項目から成り立ちます。全て重要な項目ではありますが、特に重要というか注意が必要な項目は、やはり点数欄でしょうか。

初診・再診料や投薬や注射、検査など複数の項目があり、患者のカルテからどの処置をしたか、何点かなど記入していくのですが、細かい作業でもあるため間違いやすく、間違えると最終的に請求金額も変わってくるので細心の注意が必要です。

ふ、ふくざつ~^^;

レセプト用紙をパッと見たところ、1枚作成するのに20~30分もあればできるのかなぁ、なんて思って実習問題を始めてみると、1時間近くかかってしまいました。

やはり医療事務はプロの仕事。初診料、再診料だけの問題ではなく、条件による様々な加算等もあって単純ではありません。

しかし、レセプトはなれていけば、だんだん時間もかけないで作成できるようです。点数表やテキストなどにレセプト作成に必要な項目箇所にインデックスをつけて、調べる時間の短縮をはかるのも有効な方法かもしれません。

あとは、何度も何度も繰り返し問題をやって、
徐々に慣れていくというのが一番でしょうか。

しばらく使った脳みそ部分がフル活動状態です。icon:face_surprised
でも、すっごく専門的な勉強をしている様な気になってかなりやる気がでてきます。
レセプトに数字をはめていくのは、パズルっぽくてなんだか楽しかったりして・・・。icon:face_shishishi

人気No1通信講座

ユーキャン通信講座の人気ランキング第1位!
資料請求は無料で、営業の電話もかかってきませんので安心です。

コメント (2)

初めまして。
レセプトの書き方のコツとかありますか?
どこから書いたらいいとか通信講座をやっているのですが
レセプトがどうしてもわかりづらくて・・・
なかなか進みません…。

初めまして、★さん♪

レセプト作成ってホントに難しいですよね。
私も悩みながらやっていますよぉ。。。

>どこから書いたらいいとか

「書き方のコツ」というのは解りませんが、
私の場合は単純に上書き欄から始めて
点数欄と摘要欄は同時進行です。
そして、最後に点数をだす療養の給付欄。

私はウッカリ人間なので、書き忘れがないよう
点数欄は初診から順番に記入していきます。
(もう少し、詳しく書いた方が良かったかな?)

結局は、どこから書いても書き忘れや
点数間違いがなければ、自分のやりやすい
ところから書いてもいいのかなぁ?
と思いますよ。^-^

何度もレセプト作成をやっていると、
自分がやりやすいやり方が
きっとみつかりますよ!

お互い頑張りましょうね!

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

ページトップへ
Copyright(C) 医療事務の資格取得@通信講座奮闘ブログ. All Rights Reserved.
Home > 医療事務講座 STEP1 > 実践!レセプト作成